サイト訪問ユーザーを逃がさない対策!リンクは常に新しいウィンドウで開くように設定。

サイト運営者なら気をつけたいポイント!リンクを開くなら新しいウィンドウで。

はじめに

人様のホームページを見ていて、たまにもったいなーと思うのが、記事内のリンクやバナーなどをクリックしたらリンク先にそのまま飛んでしまうこと。

サイト訪問者としてはどっちでもいいという人も多いと思いますが、サイトを運営している側としてはユーザーが別サイトへそのまま行ってしまうのでせっかく訪問していただいたお客様が戻ってきにくい作りなのです。

遷移(サイト移動)した先で何度かクリックをしてページを閲覧していたら、元のサイトに戻ろうにも、戻るボタンをたくさん押さなければならなかったり、元のサイトが出てこなくなったりして面倒です。

おすすめなのは、リンクを貼ったら必ず新しいウィンドウで開く、という設定を入れること!

wordpressのリンク挿入機能を使う場合

wordpressでリンクを挿入するときは、「リンクを新しいタブで開く」というチェックボックスがあり、それをチェックすることでリンクに新しいウィンドウで開く設定が入ります。

自分でタグの設定をする場合

wordpressのリンク機能を使わない場合(HTMLのタグごとコピーをする場合)は、自分でリンクの中に設定を入れることもできます。
例えば他のサイトでタグを用意してくれている場合があります。
ブログランキングやアフィリエイト広告など。

このBLOG RANKINGのサイトの場合、は別ウィンドウで開くかどうか選ぶことができますが、選べない場合もあります。
その場合は、下記の文言をaタグ(<a>)の中に追記すればOK。
href=”…..”の後ろ辺りに追記するといいでしょう。
targetというリンク先を開く対象を_blankにすると新しいウィンドウが開きます。

target="_blank"

使用例

<a href="//blog.with2.net/link/?1948805:1029" target="_blank">
<img src="https://blog.with2.net/img/banner/m03/br_banner_ougi.gif" title="人気ブログランキング">
</a>

ただし、外部サイトをリンクにする場合は、セキュリティの問題が起こることがあるようなので、下記のコードの方がいいようです。

target="_blank" rel="noopener noreferrer"

使用例

<a href="//blog.with2.net/link/?1948805:1029" target="_blank" rel="noopener noreferrer">
<img src="https://blog.with2.net/img/banner/m03/br_banner_ougi.gif" title="人気ブログランキング">
</a>
html で リンクを新しいタブ(やウィンドウ)で開かせたい場合、target="_blank" を指定するが、 この使い方には落とし穴があるらしい。 www.jitbit.com リンクを開いた先の javascript から、開いた元のページを操作できてしまうとのこと。 気になったので確認してみた。 悪用のパターン...

動作確認

ブログランキングへのリンクになりますが、新しいウィンドウが開く動作確認にもなっています。
ついでに応援する、くらいのお気持ちでぜひ、クリックお願いします!!

スポンサーリンク