MacでフリーのFTPソフトを使いたいなら「Cyberduck」

Macだと選択肢が少ないFTPのソフト

はじめに

windowsでフリーのFTPソフトを使うを場合、FFFTPなどが便利ですが、Macは意外と選択肢が少ないです。

ロリポップやx-serverなどのレンタルウェブサーバーサービス(ウェブサーバーについてはこちらの記事)では、それぞれログインすると独自のFTPサービスがありますが、なんだか使いにくい。。。

そこでおすすめなのはこちら。

Cyberduck

もう少し詳しく紹介していきます。

Cyberduckとは

Cyberduck is a libre server and cloud storage browser for Mac and Windows with support for FTP, SFTP, WebDAV, Amazon S3, OpenStack Swift, Backblaze B2, Microsoft Azure & OneDrive, Google Drive and Dropbox.

訳すとしたら、

サイバーダックはMacやwindowsのFTPやSFTP、WebDAV、Amazon S3、OpenStack Swift、Backblaze B2、Microsoft Azure & OneDrive、Google Drive、Dropboxをサポートする自由なサーバー&クラウドストレージのブラウザーです。

といった感じでしょうか。

libreはスペイン語のようですが、作っているのはスイスだそうです。

ダウンロード

(*インストールしたときに起こったトラブルは自己責任でお願いします)

こちらのソフトはフリーでも使えますが、開発チームのために良かったらドネーションしてね、というスタンスのもの。

App Store経由だと有料です。

今回はフリーでちょうだい致します。

使い方

接続モード

さて、FTPと言っておりますが、セキュリティの気になる昨今は、FTPではなくて、FTPSモードやSFTPモードで接続した方がよいです。

FTPSとSFTPの違いについては下記のサイトで詳しく説明されていますので、参考にしてみてください。

今までなんとなく使っていたFTP。前回紹介した「FTPの仕組み」を書きながら仕組みがわかってくると普通のFTPはセキュリティ面で不安要素が多い事がわかりました。FTPは古くからあるプロトコルのため、第三者による盗聴 (ファイルを覗き見る行為

一言で言うと、

FTP・・・暗号化せずそのまま送信(ファイル内容がもろばれ)
FTPS・・・SSL/TLSという方式:暗号化・認証
SFTP・・・SSHという方式:暗号化

という感じ。

そのため今回はFTPSで接続します。

実際に接続

Cyberduckを起動するとこんな感じ。

新規接続ボタンを押すと、接続情報を入力するウィンドウが出てきます。
FTPではなく、FTPーSSLを選択します。

接続先サーバー、ユーザーID、パスワードを入力。
接続先を入力するとURLに自動的にサーバーが表示されます。

ロリポップであれば、ユーザー設定>アカウント情報より、FTP接続情報があるので、サーバーに関しては「FTPSサーバー」を使用します。

入力情報が全てが正しければ、接続できます。

おわりに

FTPは普段はあまり使うことがありませんが、Wordpressの修正や設定ファイルを直接修正する必要があるときなど、使用することがありますよね。

Cyberduckもものすごく使いやすいソフトな訳ではないのですが、無料でしっかりとしたソフトだと思います。

今回ご紹介したロリポップの契約はこちら。


スポンサーリンク