仮想通貨は名前を変え暗号資産に!そして2019年中盤、全体的に少しずつ値上がりしてます。

ここ1ヶ月の値上がりが特にすごいです

はじめに

久しぶりの投稿になりますが、2018年から2019年前半は仮想通貨がかなり下落しました。

一時はピーク時のほぼ10分の1くらいの値段になったのですが、最近、少しずつ値上がりしてるんです。

冬の時代は終わった、なんて記事も見ましたが本当にそうなのかもしれないです。

名称変更→暗号資産へ

金融庁はビットコインなどインターネット上で取引される仮想通貨の呼び名を「暗号資産」に改める。日本円やドルなどの法定通貨と誤解される恐れがあるほか、20カ国・地域(G20)会議などの国際会議で暗号資産

2018年の終わりに政府が発表したところによると、「仮想通貨」では法定通貨と思われちゃうかもしれないから「暗号資産」に変更するそうです。

もうしたのかな?

まだまだ仮想通貨という言葉は聞きますが、「暗号資産」というキーワードを取り入れていこうと思います。

海外では「crypto currency」(訳すと「暗号通貨」)と言われていたりしますが、G20でも「crypto assets」(「暗号資産」)で統一するようなことが上記の記事でも書かれています。

価格変動

さて、今日の本題です。

ビットコインは2018年のはじめにシンガポールのTenXという仮想通貨取引所の創設者でもあるジュリアン・ホスプ氏がした発言を覚えているでしょうか。
詳しくは過去記事

先週は日本で取り扱いのある、多くの仮想通貨が大幅な下落をしましたね。 わたしの持っているビットコインやリップルなどもまぁ見事に下落しました。 こうなると売り時がわかりませんが、...

「ビットコインは1BTC=6万ドルに到達することになると思う、でも同時にビットコインが1BTC=5千ドルに低迷することにもなると思う。」

と言っていました。

この発言の前に、ビットコインは最高値の1BTC=1万9千ドルを記録しました(2017年12月)。

どっちに転ぶかわからない中ビットコインは2018年下落を続け、この予言は現実のものとなり、最低時には1BTC=3千ドル近くにまで下がりました(2018年12月)。

わたし個人としては、とりあえずそのままにしておこうと思い、下落しても現金化することはせずそのままにしておきました。

さすがに2018年12月時点では目が点になるほどの額にまで下がり唖然としましたが、2019年6月に入ってから、仮想通貨が全体的に盛り上がっているように感じます。

マンスリーで見るとこんな感じ。

6月10日以降ずっと上がり続けています。

年間で見るとこんなにもギャップがあります。

現在は1BTC=1万9百ドル前後。

今後が楽しみです。

おすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で