HTTPからHTTPSに変更

独自SSLの導入

はじめに

記事数がそれなりにあるために、中々HTTPSへの変更が進まなかった当サイト。

2020年、重い腰をあげて、対応することにしました。

参考にさせていただいたのは以下のサイト。

Googleが「HTTPS everywhere」を提唱していることなどが影響して、HTTPSで通信できるようにWebサイト全体を独自ドメインに対してSSL/TLSによる暗号化を行い、運用をスタートしている様子がちらほら...

環境

レンタルサーバー:ロリポップ
ドメインサーバー:お名前.COM
CMS:ワードプレス
テキストエディタ:サクラエディタ

実際の流れ

1.ロリポップでの独自SSLの申し込み

ロリポップの場合、独自SSLには無料・有料の二種類があります。

ビジネスなどで個人情報なども取り扱う場合は有料が良いでしょうね。
こちらのサイトでは無料の独自SSLを申し込むことにしました。
申し込みもボタンでカチッとできて簡単です。

2.投稿・固定ページで使用しているURLの「HTTPS」または「httpの除去」への変更

この変換作業、かなり骨が折れます。
全体の一括変換などももしかしたら可能なのかもしれませんが、リスクを考えて、1ページずつ対応しました。

外部URLの場合、HTTPS対応しているかどうか怪しいものはhttpを省くことで対応できます。
せっかくなのでサイトを訪問して、URLが有効かのチェックも合わせて行うとよいです(わたしは部分的にそうしました)。

自分のサイト内のメディアの場合はテキストエディタの置換機能を使って、一括変換しました。
当のサイトの場合、http://blog.pipp……なので、各記事をサクラエディタへコピぺ後、「http://blog」→「https://blog」で全置換、ワードプレスの投稿ページへコピペしなおすという流れです。

3.設定-一般より、WebサイトのURLを変更

これにより、一度強制的にサインアウトされます。
パスワード自動保存にしていた人は改めてIDとパスワードを入力する必要があります!

パスワードどうやって確認するんだっけ?という方
過去記事:Chromeでパスワードを確認する方法

4.「HTTP」から「HTTPS」へリダイレクト

FTPソフトを使って、ワードプレスのルートパス配下(index.phpが格納されてるところ)に「.htaccess」というファイルがあるので、ダウンロード。
テキストエディタ(わたしはサクラエディタを使用)でhttpでアクセスがあったものも、httpsにアクセスし直すようにリダイレクト設定を入れます。

*参考サイトのコードをそのまま使わせていただきました!

これを追記してアップロード。

すると、なんとアクセスエラー!
参考サイトを今一度確認してみると、

「# BEGIN WordPress~# END WordPress」の中には書かないように注意

としっかり書いてありました。助かった!

もう一度、「# BEGIN WordPress~# END WordPress」の外に記載してアップロード!

正常に表示されるようになりまっした。

5.HTTPが残ってないかチェック

どうやってチェックしようかなぁと考え、phpMyAdminで確認する方法をとることに。
SQLがわからない、という人は無理に使わずに他の方法をググってみましょう。

参考サイト:WordPressの投稿内容をMySQLで取得する

投稿内容を取得するSQLを上記を参考に、少し変更。「http:」を含む投稿内容を抽出するSQLです。

テーブル名は、もし複数のワードプレスサイトを同じデータベースで管理している場合は、
下記のようにwpX_postsというように数字がつきます。何番目かは、わたしはだいたいあてずっぽうで当たりました 笑 
1つしか使用していない場合は、wp_postsを指定します。

実行したところ、9件!

結果に沿って実際の投稿画面から直します。

SQLでReplaceも可能ですが、目で見て確認できる範囲の数なので、安全のために手作業で修正します。

修正後に同じSQLを実行したところ、0件!

記事内のhttp→https置き換え作業が完了しました。

6.Google Search Consoleの登録

Google Search Consoleで新たにドメインで登録。

New機能らしく、DNS側での設定が必要。

お名前.comへアクセスして、TYPE:TXTでDNSの設定を追加するも、すぐには更新されず。

また、あとで確認します。

7.Google Analyticsの設定変更

Googleアナリティクスも設定をhttpからhttpsへ変更。

おわりに

本当に大変な作業でした。
記事数が少ないうちに対応してしまった方がいいです。
でもこれで、ずっとやらなければと思っていたことが一つできました。